高血圧と運動について

高血圧と運動について

現代人が抱える悩みの一つが、「運動不足」です。
デスクワークが多いと、通勤以外で歩くことがなくなってしまいますよね。
しかし、運動不足は高血圧を悪化させてしまうことになります。
逆に、高血圧で悩んでいる人であっても、生活習慣の改善と運動の習慣をつけるだけで、体調の改善に努めることができます。
では、いったいどのような運動療法が効果的なのでしょうか。

それは激しすぎない程度のウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動が挙げられます。
それを短い時間でも良いので継続して行うなら、血圧を下げることにつながります。
そんな激しいことは最初から無理だと感じる人であっても、普段の生活で5分だけ時間をとって歩く時間を作ったり、家事の時間で体を動かすようにすることにも効果があります。
実際、高血圧の人が運動の習慣をつけることにより、血圧の低下が実証されました。
筋肉を付けたり、ダイエットとかそのような大それた目的のためでなくても、運動が私たちの生活に欠かせないということがわかりますね。

高血圧が抱える合併症は、とても重大なものです。
心筋梗塞などの心疾患や、脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こしてしまうことがあるのです。
手遅れにならないうちに、軽い運動の習慣をつけると良いでしょう。