高血圧と栄養士による指導

高血圧と栄養士による指導

何らかの病気を患ってしまった人が、食事指導を受けるのはなぜでしょうか。
それは普段の食生活を改善し、食事という基本的なことを正しく行うことによって健康的な体に改善させようとするためです。
逆に言えば食事の習慣が乱れていたり、食事の指導に従わないのであればどうでしょうか。
もうそこからは自己責任になってしまいます。

そのために栄養士という資格があります。
栄養士とは、特別な試験に合格し、栄養に関して支持やアドバイスを個人に与えることがあります。

では、栄養士による食事指導にはどんな意味があるでしょうか。
「高血圧」のひとは栄養士による指導によって、食事を改善することができます。
普段の塩分の多い食事、肉生活の中心…それらを改善させるために栄養士さんがいるのです。
しかし、どうしても塩分の少ない食事になってしまう…という悩みを持っておられるかもしれません。
私たちがより健康でいられるようにとの指導に、きちんと従い、普段の生活習慣を改善させていきましょう。

ちなみに高血圧によるリスクは、さまざまです。
心筋梗塞などの、心臓疾患、脳梗塞などの脳疾患、アルツハイマーなどです。
高血圧は死を招くことがある病気の一つです。
ぜひ普段の食生活から改善していきたいものですね。